離煙パイプで禁煙に成功した失敗しない私の方法、体験からお話しします。

禁煙への近道はちょっとしたコツと考え方でクリア

離煙パイプで禁煙できるか?

最初は半信半疑、いえほとんどできるとは思っていませんでした。

なんといっても30年以上、肌身離さずお付き合いしているわけですから
そんな一か月で辞められるなんてありえない。
と、思っていました。

私の喫煙履歴

私がたばこを吸い始めたのは、友達の影響もあり法律で定められた年齢よりちょっとはやかったです。

 

ですから、たばこに対して罪悪感など無く生活の一部でした。たばこ無しの生活など考えられませんでした。

 

35年以上吸い続けています。

 

最終はケントを一日2箱吸っていました。朝目覚めると一服、仕事場では喫煙所があるのですが、

 

そう何度も行けないので一時間に一回位です。

 

家へ帰るとほとんど寝るまで吸いっぱなしでした。

禁煙のキッカケ

仕事場の喫煙所でいつも通りタバコ仲間6人ほどと吸っていました。喫煙者仲間という連帯感で

 

「タバコを吸わないやつは敵だ」ぐらいのタバコ好きでした。

 

その時たまたま一緒吸っていた上司からタバコやめないかとはなしがありました。

 

社長が禁煙したため、おそらく喫煙所はなくなる。喫煙者に対して厳しくなるという話でした。

 

じゃあ失敗してもいいからやってみるかと私を含め3人が手を上げました。残りは絶対やめないといってました。

 

その場でどうやってやめるかという話になり、

 

ニコチンパッチ、離煙パイプ、ニコチンガムなど候補が上がり、私が離煙パイプとなりました。


成功したのは私だけでした。

何故か、私だけが禁煙出来ました。実は当然の結果なのです。離縁パイプは気合も根性も何も入りません。

 

我慢ということもほぼありません。吸わないから失敗するんです。

 

やめようという気持ちだけでやめられます。89%の人が成功しています。あなただってやめられます。

 

毎日新しいパイプでタバコを吸うだけでいつもと何も変わりません。

 

タバコをやめるために喫煙所へ行きタバコを吸うのです。

 

大げさな「禁煙宣言」も必要ないくらいです。「禁煙してるんだ」と言いながら吸ってるわけですから。

 

「え?タバコやめるの?どうせやめれないって〜」

 

とかいわれながら、でも確実に禁煙に向かってるですよ。

なぜ失敗する人がいるのか

これは経験者として、厳しいことを言えば、やめる気のない人としかいえません。

 

私の知り合いも一人失敗しました。たまたま家へ遊びに行ってタバコをやめた話をしたところ、

 

それを聞いた奥さんが「Aさん(私)ができたなら誰でもできる」と友達に半ば無理やり勧めたのです。

 

本人はやめる気が無いので、パイプをつけるのを忘れたとか、落としたとか言って結局できませんでした。

 

本人の意思が大事です。もう一つ、

 

今、自分がどれくらい軽いものを吸っているのか確認しようとパイプ無しで吸ってみるのも失敗の元らしいです。

 

私はしませんでした。

 

離縁パイプは自分で買わないとだめですね。自分で買うとやっぱもったいないですから。

 

最初、買うとき 「ウワ!タバコ、2カートンより高いぞ」 

 

と思いましたが、30年以上吸っているということは、相当な金額です。

 

これから10年吸い続けると300万円程吸うんですね、もったいない!

 

 

ニコチン中毒とか言われますが実は精神の依存だけだと思います。

31日分あるのですが20日過ぎてもこんなんで本当にやめれすのかな〜と心配になりました。

 

やめるともう喫煙所で馬鹿な話もできない、自動車の運転中、タバコなしで大丈夫かな、

 

食後の一服が・・・寝起きの一服が・・・ 吸っていない自分がなかなか想像できませんでした。

 

吸わなくても世間話をするために喫煙所いけばいい。運転中、慣れるまでパイポでも吸えばいい。

 

たばこを必要としない吸わない自分を想像してください。そこがはっきりすれば、思った以上に簡単です。

 

お子さんがいらっしゃる方はもっとやめやすいでしょうね。


さあ、始めましょう

説明にも書いてありますが基本的には、ニコチン0.1mg・タール1mgのタバコがスタートです

 

ですからまず第一歩は軽いタバコに、慣れていきましょう。

 

なんとか我慢して吸える程度に軽いタバコが見つけてください。そのタバコに脳がなれるまでしばらく続けましょう。

 

そうして少しずつ軽いタバコに移行してください。

 

いそぐ必要はありません。じっくり進めてください。あなたの身体が納得しないと失敗します。

 

最終が、ニコチン0.1mg・タール1mgのタバコです。

 

もし今アナタが「わかば」とか「エコー」を吸っていてもなんとか頑張ってニコチン0.1mgまで落としてください。

 

そこまでがんばったあなたはもう成功していると私は思います。

わたしの場合

やめやすい環境を作ろうということで、

 

その年の11月中にまでにケントのニコチン0.1mg・タール1mgにおとしました。

 

目安として大晦日までは吸ってもいい。1月1日、元旦カウントダウン終わったら一切吸わない、

 

ちょうど仕事も休みで変に影響も受けない。

 

という計画で始めました。私にはピッタリな方法でキリがよく、すっきりとことは運びました。

 

ただやはり何か口にくわえていたい、ということで2〜3か月はパイポを使ってました。

 

でも気が付いたらそれも必要なくなっていました。

現在

タバコをやめて数年立ちます。未だに喫煙所に世間話をしに行っています。

 

タバコが欲しいとは思いません。煙くもないです。

 

他の吸ってる人は私のタバコからの卒業の過程を見てるので、いつでも簡単にやめれるなんて言ってます

 

食べ物の味は別に変化はなかったです。ただ毎朝からんだ痰が一切なくなりました。

 

自分の生活から綺麗さっぱり消えました。家を出るときタバコだ、ライターだと騒がなくていいし、荷物がへりますね。

 

体重も当時5kgほど増えましたが、戻りました。

 

ホーム RSS購読